こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 同志社大学への留学を希望される方ホーム
  2.  > 国費留学制度を利用する

国費留学制度を利用する(日本政府[文部科学省]奨学金留学生)

日本政府による奨学金留学生(研究留学生(大使館推薦の大学院レベル留学生)/日本語・日本文化研修留学生)制度を利用する方へ。
国費留学制度を利用する
(研究留学生)
同志社大学では、ほとんどの場合、初めの受入身分は特別学生(研究生)となり、学位取得を希望する場合は、来日後、特別学生から正規学生になるための身分変更試験を受けます。ご自身の留学目的や研究計画に合う研究科・専攻が同志社大学にあるか、指導を受けたい教員の所属研究科はどこか等、事前に十分な情報収集を行って、入学後に希望の内容と違っていたということにならないようにご検討下さい。また、日本語予備教育が必要な国費外国人留学生は、文部科学省より「指定日本語教育施設」として認定された日本語・日本文化教育センター提携の個別プログラムにより、日本語および日本の伝統文化を学びます。
(日本語・日本文化研修留学生)
海外の日本語関係の大学・学科等に在籍する学部生を対象にした日本政府国費留学生に、9月から1年間の日本語、日本事情、日本文化に係る専門研修を提供しています。
カリキュラムは、『日本語科目』『日本語演習科目』『日本事情科目』および『国際事情科目』で構成され、学習レベルは、初級レベルから超上級レベルまでの9段階に分かれています。どの学習段階に相当するかは、入学時に行うプレースメントテストによって決定します。

国費留学制度を利用する

関連情報

.