こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 同志社大学への留学を希望される方ホーム
  2.  > 交換留学制度を利用する
  3.  > グローバル教育センターのカリキュラム

グローバル教育センターのカリキュラム

グローバル教育センターでは、日本の文化・社会・自然に関する講義を中心に学びたい交換留学生を対象に、英語で行われる教育プログラムを提供しています。

特色

(1) グローバル教育センター(CGE)は、海外からの留学生及び日本人学生を対象に、世界における日本をより理解することを目的とした学際的科目を全て英語で提供します。プログラムでは、人文科学から社会科学、自然・人間科学まで幅広い分野の科目を深く学ぶ機会を提供します。

(2) 英語で行われる日本の文化・社会・自然に関する授業を学びたい交換留学生は、グローバル教育センター所属の「グローバル教育センター生(CGE生)」となります。
(日本語を中心に学びたい留学生は、「日本語・日本文化教育センター生」となります。)

(3) CGEで行われる授業は、日本人学生も履修することができます。留学生と日本人学生が、少人数編成のクラスで、グループワークやディスカッション中心の対話型授業で共に学ぶことにより、異なる価値観やものの見方を相互に学ぶことができます。

(4) 英語圏出身またはネイティブレベル相当の英語能力がある学生は、国際教育インスティテュート(ILA)で提供される科目についても、審査の上、履修することができます。ILAの授業もネイティブレベルの英語で行われ、主に日本文化や社会に特化した内容になります。ただし、多くのILA科目は受講者数に制限があるため、希望に添えない場合もあります。

(5) CGE生は、日本語能力に応じて日本語科目も履修することができます。日本語科目では、基礎となる文法の理解と、日本語で簡単な日常会話と読み書きができるようになることを目指します。

(6) CGE生は、同志社大学の一般学生と同じ施設が利用できます。

カリキュラム・学年暦

科目・単位


2017年度 開講科目一覧 [PDF 231KB]

※シラバス検索ページ https://syllabus.doshisha.ac.jp
(注)冒頭に英語要件(推奨レベル)の記載があるものは、日本人学生に対する目安です。

<シラバス検索例> クリックで拡大↓
syllabus2017cge

学年暦

1年間で履修できる単位数

CGEプログラムの単位数の基準は、1週2時間、15週をもって2単位とします。
 (日本語科目は、1週3回2時間、15週をもって3単位とします。)
またCGEの学生は、1年間で30単位(1学期間で15単位)まで履修することができます。
ILAの科目を履修して取得した単位もこの中に含まれます。
.